Festive India Travel (Diwali or Dipawali)

ディワリ(ディパワリ)は、インドで最大の、そしてとても重要なお祭りの1つで、ラムと猿の神ハヌマーンが、悪魔の王ラーヴァナを倒し、シータを邪悪な手から解放した後、ラムとその妻であるシータがアヨーディヤ王国に戻ったときに祝う光の祭典です。

光の祭典として知られているとおり、それぞれが小さなランプやロウソクに火を灯し、花火が打ち上げられることもあります。これらの光により、ディワリは心温まる感動的なお祭りとなり、人々は喜びと幸福で満たされます。

ディワリは5日間にわたり行われ、悪でなく善、闇でなく輝きの勝利が讃えられます。また、ラクシュミプージャをすることでも有名です。ラクシュミは富の女神であります。

インドのお祭りを旅する(ディワリ、ディパワリ)

インドのお祭りを旅する ディワリ 1日目

家や職場、道の掃除をし、幸運と富をもたらすよう台所用品の買い出しをします。買うものは、主に銀貨や銀製品で、チョーティディワリと言われます。

インドのお祭りを旅する ディワリ 2日目

家や職場、道を照明やロウソク、ディヤで装飾します。また色粉や砂で、ランゴリを描きます。また、ハッピーディワリなどと書かれたポスターやバナーを、玄関に飾ったりします。

インドのお祭りを旅する ディワリ 3日目

ディワリ本番、メインとなる1日で、バディディワリと言われます。家族、親戚、隣人にプレゼントお菓子を渡し、夜になるとラクシュミプージャのため家族は家に集まります。女神ラクシュミへの祈りを捧げ、美味しい料理を食べ、花火大会へと続きます。人々は食事を楽しみ、子どもたちは花火を始めます。その後、老若男女すべての人々が夜遅くまで花火を楽しみます。家庭により、花火の規模は異なりますが、多くの人々が深夜まで続けます。

インドのお祭りを旅する ディワリ 4日目

ゴバルダンプージャをすることで知られる日で、天気の神インドラを倒したロド クリシュナを祝います。ロド クリシュナは、インドラによる自然災害から人々を救うため、とても大きなゴバルダン山を持ち上げたとされています。

インドのお祭りを旅する ディワリ 5日目

バーイドゥジとして知られ、兄弟姉妹のための日です。女性は兄や弟の健康を神に祈り、男性は何か問題があるときには姉や妹のために尽くすことを誓います。

この5日間は、家族や親族にとって団結、幸福、富、そして繁栄のための特別なものです。

インドの美しい光の祭典を体験すべく旅行したい方は、お気軽にお問い合わせください。あなたにとっておきのプランをお作りします。

Email: safarmasti@gmail.com

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here